2016年05月14日

「お茶の時間です。」第2回初夏を味わう、新茶と水出し

13087902_1700917160168197_6312460219777364210_n.jpg

6月はイベント目白押し。
店ほったらかし…との声が聞こえそうですが、、、
なになに、店長ががっしり店番してくれてますのでご安心を。

四季に合わせ日本茶を提案している、草冠の学校「お茶の時間です。」第2回のお申し込み絶賛受付中です。
今回のテーマは「初夏を味わう、新茶と水出し」。
新茶のテイスティングのほか、夏に向けてうれしい水出しのデモンストレーション、
そしてそして、一歩踏み込んで実際に皆さんと新茶を淹れるワークショップも。
出たての新茶お土産付き○

陽射しが日に日に強くなる初夏。
新茶と水出しで爽やかなお茶の時間を共に過ごしましょう。


------

「お茶の時間です。」
第2回 初夏を味わう、新茶と水出し

日時:2016年6月4日(土)15:00〜16:30
場所:kusakanmuri
(恵比寿駅より徒歩4分)
http://school.kusakanmuri.com/…/…/okanoen/lesson-002288.html
posted by 岡野園 at 01:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新茶「恵−めぐみ−」入荷

写真 3.jpg

狭山新茶「恵−めぐみ−」入荷しました。

やっと従来の新茶らしい味わいになりました。
この頃になると機械摘みが主流で、
一芯五葉ほど一気に刈り込むため大ぶりや濃い色の葉が増えてくるのですが、
美しい外観を保っているので今回も上物です。

今年の新茶は、人によって味わいに物足りなさを感じるかもしれません。
新茶といえば、清涼な香りと時には強すぎてクラクラする位の青々しさを楽しむものです。
それが今年は弱い。なぜか?

今年は春の頃、花冷えの雨が多く降りました。
新芽が成長しようと頑張っているときに十分な水分が根を潤し続け、
いよいよ芽吹こうという頃になると今度は晴天に恵まれ、
旨み成分テアニンなど栄養をたっぷり蓄えたまま新芽が素直にすくすく開くことが出来たからです。
もちろん、出来る限り農薬に頼らず、米ぬかや魚粉など有機肥料で一年間手塩にかけて
土壌管理した茶園の方々の努力の成果もあります。
しかし、仕上げはお天道様次第。露地栽培だからこそ、毎年味の異なる新茶になるのです。

本日入荷しましたのは、
・新茶「恵−めぐみ−」
http://sayamacha.cart.fc2.com/ca1/8/p-r-s/

当店でご自宅使いに一番人気の茶葉です。
今週末、NODEUEHARA pop-up shopにもお持ちします。
posted by 岡野園 at 01:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

造り込み新茶入荷

1200.jpg

荒揉み仕立ての造り込み新茶、入荷しました。

摘みたての瑞々しい若葉を製茶する際、大振りの茶葉や細かい粉のみを取り除き、
精選する一歩手前「荒揉み茶」のまま仕上げた新茶です。
味本位のお茶のため形状は不揃いですが、
その分、爽やかな香りと湧き上がるような濃い甘さをご堪能頂けます。
毎年予約でほぼ完売してしまう売れ筋商品。今年もあと僅かですのでお早めに!

本日入荷しましたのは、
・荒揉み仕立ての造り込み新茶
・新茶「翠−みどり−」
・新茶「露−つゆ−」*追加
・新茶「誉−ほまれ−」*追加
http://sayamacha.cart.fc2.com/ca1/5/p-r-s/
posted by 岡野園 at 01:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする